失明のリスクをゼロにする【視力回復治療でクリアな視界をキープ】

適応するか確認

診察

着実に視力回復させられる

失った視力を高い確率で回復させたいなら、レーシック手術を受けてみませんか。レーシック手術は、何と言っても、9割ほどの人が0.7から1.0程の視力を取り戻せられるからです。日常生活の中で、テレビ観賞や読書、車の運転を問題なく行なえるようにしたいなら、レーシック手術で視力回復を図るのも一つの手段です。手術を受ける前に、まずは自分が本当にレーシックに向いているのかを調べる必要があります。

手術に適しているか知る

視力回復の為には、まずレーシック手術に向いているかを調べる必要があります。向き不向きなら、眼科で気軽に受けられます。検査項目は、角膜の厚さや屈折度数、眼圧、視力などです。これらの検査で、角膜の厚さが不十分、そのほかの検査で問題ありと診察されたら、レーシック手術が受けられません。

眼科によっては検査費用がかかる

適応検査は、眼科でいつでも受けられますが、事前に検査費用のことを調べておいた方が良いです。なぜなら、眼科によっては3,000円か5,000円程の金額が請求してくるところがあります。また、無料で検査を引き受けてくれる眼科もあります。視力回復の為に、無駄な費用をかけたくないなら、事前に利用する眼科の検査料を調べておくのも大切です。

検査項目も眼科によって異なる

レーシックの適応検査は、どんなスタッフが行なうのか確認するのも重要です。特に、眼球の機能や形状に関するエキスパートである、視能訓練士が担当してくれるところなら、心強く感じられます。